本を出版するには、いくらかかる?

a0006_002418_m

「自分の本を出版して書店に並べてもらうには、かなりの金額が必要なんですよね?」

このような質問をされることがあります。

答えは長くなるので、「心配不要です」としておきます。

その背景には、自費出版と商業出版の違いがあります。

おおざっぱに説明すると、自費出版は、著者が制作費を負担して自分の本を作ってもらう形態の出版です。「本を出したい」という著者が出版社に依頼して出版するイメージです。こちらの希望で本を出版できますが、その代わりに費用を負担する必要があります。

一方、商業出版は、制作費は出版社が負担し、著者が費用負担をせずに出版できる形態です。出版社からの依頼で執筆するので費用負担はありませんが、企画は出版社の承認を得る必要があり、好きな内容を何でも本にできるというわけではありません。この点が自費出版と違います。私はこちらの形態で活動しています。

長い説明でわかりづらいかもしれませんが、早い話、費用負担してでも自分の本を出したい方は自費出版、費用負担したくない方は出版社からの依頼、承認を得て商業出版するということです。

ちなみに私は自費出版をしたことはありません。出版社からの依頼で執筆させていただいております。それだけに、100%好きなことを書けるわけではなく、企画がボツになることもあります。

そんなわけで、「自分の本を出版して書店に置いてもらいたい」には、必ずしも自己費用の負担は必要ないということです。また、費用負担してでも出版したい方は、「自費出版」という形態で、その方法も選べるということです。

もちろん、どちらの方法でも、執筆中の生活費は自己負担ですが。