電子書籍か、紙の書籍か

1018-460-af9980011800l

今、出版デビューしたい方には、電子書籍という方法もあります。

出版社を通さずに本を“出版”でき、自分で値段を付けて売ることもできます。

原稿の作成から、電子書籍化、販売まで、それほど難しい手続きを要せずに実現可能です。

とにかく自分の本を出版して売ってみたい方には、現実的な方法と言えます。

ただし、いくつかの「ただし」が付きます。

まず、自分の原稿を電子書籍化するためには、文字の入力だけでなく、必要に応じてイラストや画像も準備し、レイアウトも自分で形成する必要があります。

また、原稿入力と、チェック(校正)を、1人2役で担当する必要があります。

つまり、出版社が行う作業やレイアウトしてくれるデザイナーの作業も、すべて自分(自分達)で行う必要があります。

その大変さは、経験してみて初めてわかります。

ネガティブな話ばかりで恐縮ですが、誰でも出版できる電子書籍市場は、玉石混交です。その中で自分の本を「売る」というのは、書店に整然と並べられた、装丁もきれいな紙の書籍を売ることよりも大変です。

単にお金儲けのために電子書籍を選ぶ方、そのチャレンジは止めませんが、その気合があるなら、ブログ記事をドンドン書いてバナー広告やアフィリエイト収入で稼ぐことを考えた方が現実的です。

または、「ブログを電子書籍に」という方は、ブログを本にして出版できるサービス「パブー」が良いかもしれません。

話はそれましたが、自分の書籍を出版することの意義は、お金だけではありません(もちろん、お金が入ってくれば嬉しいですが)。

自分の本が書店に並べられていることの感動、読者からのありがたい反応、などなどによって得られるお金以外の満足感、それが大きいんじゃないでしょうか。

私も、残念ながらお金は残っていませんが、出版を通して、いろいろな方と出会い、素晴らしいチャンスにめぐり合えたことが自分の財産として残っています。

あとは、お金が残っていれば、最高だったんですが。。。

もちろん、電子書籍でも、自分の本がインターネット書店にリストされる感動を味わうことはできます。ですから、どちらが上か下かという議論は成り立ちません。要は、出版したい方の価値観の問題です。

ただし、電子書籍では、出版社のプロフェッショナル編集者の助けを借りずに、自力で本を仕上げる必要がある、その点が大変というだけです。

これは、実際に作ってみないと実感できないでしょうから、やる気まんまんの方は、まずは試しに電子書籍にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

電子書籍の作り方について詳しくは、別の機会に話そうと思いますが、以下のサイトでユーザー登録をすれば電子書籍の作成から販売まで、ビックリするくらい簡単に実現できます。

一度、お試しを。

ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム